色々な要素が大切ですが、最近は衝突安全性がかなり重要。

車の査定ではその車種の衝突安全性も査定額に影響を与えます。

プラットホームを共通化すれば、エンジンや変速機なども共通化できる。とくに、生産台数が限られる海外拠点での小型乗用車の生産では避けて通れない課題だ。金森善彦は、九代目カローラの主査付きを経て、現在、次世代のプラットホーム開発を担当している。僕は同志社大学工学部卒業後、1982年に、入社しました。最初に、ボディー設計部になり、以来13年間、ボディー設計一筋できました。ボディー設計は、構造や骨格を考えながら、デザインに従って車体を設計していく仕事です。

車体の設計は、さまざまな要素が複雑に絡み合ってきます。重量、原価、性能が三大要素で、最近では衝突安全性も大きなテーマです。それ以外にも、静粛性、操縦安定性、防錆性、耐久性……。それらすべてを考慮して、設計する必要があるわけです。このうち、一番苦労するのは、衝突安全性です。衝突安全性の実験結果は、日本自動車工業会からデータが公開されます。

他の車よりいい成績をとりたいですから、目標を高く設定して、がんばっています。接合部分にも気を使います。接合がいいかげんだと、手を抜いた車だと思われてしまう。ドアのような動く部分同士は4、5ミリの差内、バンパーとフロントのフェンダーパネルのような固定部分は、0・5ミリの差内と、それぞれ基準があります。ボディー設計部は、上物を設計するグループと下物を設計するグループに分かれていますが、入社当時、僕は、下物のグループに入りました。最初に設計したのは、マークHの4WDのプロペラシャフトの先端をサポートする、小さな鉄板部品です。
中古のバイクを探しているなら、ポータルサイトを利用するのがいいですね。国産でも海外メーカーでも、とにかく掲載の台数が多いので、きっと目当てのものを見つけられると思います。
ディーラーの下取り価格があまりにも低く、業者に中古車査定をしてもらいました。結局ディーラーより30万円も高く売ることができ、大満足しています。
今度、転勤することになったので、車を売るつもりです。新しい勤務先は、東京なので、維持する自信がありません。結構、高く買ってくれるみたいですね。引越し代くらいになれば嬉しいです。
今の時代、景気のせいもあってか、車 売るのも大変です。お金が急に必要になり、車を処分する事に決めたとしても、焦らないでください。少しでも高い金額で売る事ができるように、比較検討してください。


豊田喜一郎の意思を受け継いで、初代カローラを立ち上げたのが、長谷川龍雄である。長谷川は、力口ーラの開発によって、モータリゼーションの端緒を開いた。生い立ちからですか。となると、戦前からはじめなければいけない。これは、えらいこっちゃ(笑)。私は18人兄弟の末っ子で、父は私が二歳のときに亡くなりました。大変な貧乏で、大家族が食べていけるような収入はない。

一番上の兄が家業の彫刻屋を継ぐため、故郷の鳥取県から東京に出ることになった。家族がバラバラに暮らすわけにもいかないので、私も東京についていくことにしました。立教中学の2年に編入したけれど、食べるのにも困る生活ですから、学費は出してもらえない。仕方なく中途退学を申し出た、、ところが、おまえみたいに成績のいいやつが何を考えとるか。

最新情報
2013/09/09 注目記事を更新しました。
2013/09/05 新着記事を更新しました。
2013/09/04 先行車両開発企画室を更新しました。
2013/09/01 プラットホーム共通化を更新しました。
2013/08/30 コストや重量計算を更新しました。
2013/08/28 実際の製品のイメージを更新しました。
2013/08/27 車の査定ではその車種の衝突安全性も査定額に影響を与えます。を更新しました。
2013/08/24 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
クルマ買取専門カーミニークCAR3219.com株式会社ティーバイティーガレージカーチャンネル
地域一番点を目指すカーミニークのサイトです。埼玉最大級の車買取店。無料出張鑑定、査定、買取のティーバイティーガレージのサイトです。中古車の購入・売却で最大2万円の祝い金がもらえるのは業界初。買取の一括査定や競争入札にも対応。