色々な要素が大切ですが、最近は衝突安全性がかなり重要。

車の査定ではその車種の衝突安全性も査定額に影響を与えます。

プラットホームを共通化すれば、エンジンや変速機なども共通化できる。とくに、生産台数が限られる海外拠点での小型乗用車の生産では避けて通れない課題だ。金森善彦は、九代目カローラの主査付きを経て、現在、次世代のプラットホーム開発を担当している。僕は同志社大学工学部卒業後、1982年に、入社しました。最初に、ボディー設計部になり、以来13年間、ボディー設計一筋できました。ボディー設計は、構造や骨格を考えながら、デザインに従って車体を設計していく仕事です。

車体の設計は、さまざまな要素が複雑に絡み合ってきます。重量、原価、性能が三大要素で、最近では衝突安全性も大きなテーマです。それ以外にも、静粛性、操縦安定性、防錆性、耐久性……。それらすべてを考慮して、設計する必要があるわけです。このうち、一番苦労するのは、衝突安全性です。衝突安全性の実験結果は、日本自動車工業会からデータが公開されます。

他の車よりいい成績をとりたいですから、目標を高く設定して、がんばっています。接合部分にも気を使います。接合がいいかげんだと、手を抜いた車だと思われてしまう。ドアのような動く部分同士は4、5ミリの差内、バンパーとフロントのフェンダーパネルのような固定部分は、0・5ミリの差内と、それぞれ基準があります。ボディー設計部は、上物を設計するグループと下物を設計するグループに分かれていますが、入社当時、僕は、下物のグループに入りました。最初に設計したのは、マークHの4WDのプロペラシャフトの先端をサポートする、小さな鉄板部品です。
タクシードライバーの仕事を専門としてタクシー会社の求人募集サイトのため、タクシー求人を紹介している東京のサイトはとてもわかりやすくて探しやすく、業界用語などの説明を紹介してくれるコンテンツも有ります。
信頼のSBIグループのの仮審査後使えるキャンペーンコードで車を買いました!ここなら無理なく返済できそうなので、安心です。


最新情報
2015/01/05 注目記事を更新しました。
2015/01/01 新着記事を更新しました。
2014/12/31 先行車両開発企画室を更新しました。
2014/12/28 プラットホーム共通化を更新しました。
2014/12/26 コストや重量計算を更新しました。
2014/12/24 実際の製品のイメージを更新しました。
2014/12/23 車の査定ではその車種の衝突安全性も査定額に影響を与えます。を更新しました。
2014/12/20 ホームページをリニューアルしました。

Pickup Site
クルマ買取専門カーミニークCAR3219.com株式会社ティーバイティーガレージカーチャンネル
地域一番点を目指すカーミニークのサイトです。埼玉最大級の車買取店。無料出張鑑定、査定、買取のティーバイティーガレージのサイトです。中古車の購入・売却で最大2万円の祝い金がもらえるのは業界初。買取の一括査定や競争入札にも対応。